美白ピンク

人気記事ランキング

ホーム > 交際クラブ > 婚活パーティと交際クラブ

婚活パーティと交際クラブ

婚活パーティと交際クラブ ←ここでした。

 

初めての婚活パーティで今どきの出会い体験をして長年付き合っていた彼女と別れてから3年近くたつのだが、もう恋愛という年齢でもないし自分から率先して恋愛をしたいという気持ちが薄れていた。

そんな矢先に同年代の独身の友人から婚活パーティに誘われた。

友人はバツイチで、どちらかというと言い方は悪いが冴えないおじさんである。

腹もでているし頭も薄い。到底女性に見向きもされないようなタイプだ。

ただし、私も人のことを言える部類ではない。

決しておしゃれでもないし痩せ型ではあるが、身長だって170と少しで、高い方だとは言えない。

平均的な部類である。

話のセンスだってないしおもしろおかしいことが言えるわけでもない。

一つだけ自慢できるところがあるとすれば収入が同年代の男性よりも多いくらいだろうか。

不格好で冴えない友人と取り立てて特徴もない私二人で、婚活パーティに行くのは、恥ずかしく乗り気ではなかった。

けれど友人とは長い付き合いでもあるしどうしてもと言われて断ることができなかった。

そんなわけで私は、友人と連れ立って婚活パーティーに出向くことになったのだった。

人生で初めての体験である。婚活パーティというと20~30代位の人のものだと思っていたのだが、最近では中高年向けのパーティも多いらしい。

晩婚化と離婚率が高いことで、中高年の婚活パーティーやお見合いパーティが意外にも流行っているのだ。

この年齢になって婚活パーティーに出向くのは気恥ずかしいという思いもあったが、40代~50代向けや50代~60代向けの同年代の人達が集まる場所なら出向くのも悪くはないと初めての婚活パーティに出向くことにした。

長らく独り身でいたので寂しかったのもあるし、生涯一人でいることを考えるとゾッとしたのもある。

そろそろ恋愛に目を向けてみるのもいいのではないかと思ったのだ。

婚活パーティーでは射中の女性とは出会えなかったのだが少しエンジンがかかってきたのだ。そこで少し目先を変えてみて交際クラブに登録をしてみたのである。

交際クラブでの出会いや交際は熟年男性や中高年の人が大勢登録をしているのであまり恥かしい気持ちはなかった。

パーティーだと自分好みの女性は大抵他の誰かに先を越されてしまい思うように喋れないのが実態である。

こちらから勇気を出して挑んでみても他の男性がそれを阻止してくる所は正に昔のネルトンパーティーのような様相である。

昔流行ったこのネルトンパーティーは男性は自分の特典等を前面に押し出していき女性の気を引く内容であり今も変わらないネタではあります。

交際倶楽部であれば自分好みの女性を指名してゆっくりと会話が出来るので自分のいい所をアピールできる事です。

 

交際倶楽部はどちらかと言うとやっと生涯の居場所を見つけられてような気持ちになったのである。

交際クラブで愛人交際や割り切り交際をしてそこから相性の合う女性をチョイスしてその女性と長い交際をしようと思ったのである。交際クラブは現代の老人の溜まり場でもある。

 

アンチエイジングをしようと友人と一緒に婚活パーティとやらに出向いて見る事にしました。

男としてまだまだイケるのではないかと思った。

今までは年齢にかこつけて、年だから仕方ない。

もう熟年男性や中高年だから見向きもされないだろう。

なんて諦めていたところもあった。

けれど意外なことに婚活パーティでの自分は女性にウケがよかった。

中高年向けのお見合いパーティのようなもので、残念ながら私が素敵だなと思う女性からはアタックされなかった。

恋人ができたわけではないのだが。

私もまだまだ女性に男性として魅力的に映る部分があるのだなぁと。

男として嬉しいことである。失っていた自信を少し取り戻すことができたのである。

年齢的に無理だなどとは言い訳なのかもしれない。

芸能人と比べるのはなんだが、同年代の俳優など、20歳下の女性と結婚したり綺麗な女優やアナウンサーと付き合っていたりまだまだ現役なのをみると、もしかしたら自分も磨けばなんとかなるのではないか。

そんな気持ちになったのだ。

おしゃれなんてもう何年も忘れていたが芸能人じゃなくても、実年齢を聞いたらびっくりする程若い人だっている。

オヤジだってアンチエイジングが必要なのかもしれない。

女性と比べて男性は年齢がいってからモテる場合だってある。

肌のケアや髪型。少し手間をかけてあげるだけでだいぶ変わるだろう。

恋愛なんて関心がないと自分自身に言い聞かせていたが、やっぱり本音では恋愛がしたいんだと思う。

一人の寂しさにはなれることはあって、やっぱり人恋しい時だってある。

私は思うのだが、男はいつまでたっても男の子なのだ。女性にちやほやされるのが嬉しくないわけがない。

オヤジのアンチエイジング、初めてみようと思う。

そして今度は婚活パーティーではなくてもう少し若い女性がいる交際クラブに登録をしてみたのである。

交際クラブに登録をした理由はもしかしたら真剣な交際が出来る女性に巡り合えるかもしれないという気持ちからである。

見た目をオシャレにしてこだわりを持った紳士に変身をしたらきっともてるのではないかと思ったのである。

交際クラブへの登録は自分自身への挑戦でもあるのだ。